海外FXで口座開設をするときのアドバイス事項を解説しています

海外fxを選ぶメリットとは

グラフ

初めてfxの口座開設を行う際、国内の業者の方が何となく安全そうだという認識で海外FXを無視してはいませんでしたか。海外fxには国内の業者と大きく異なる特徴があり、資産運用の状況によっては国内業者よりもお得になることがあります。海外fxのメリットとしてまず第一に挙げられるのがかけられるレバレッジが日本よりも高いことです。日本の業者の場合、日本の法律によって最大で25倍までしかレバレッジをかけることができません。一方海外の業者の場合、本拠地が海外にあることから日本の法律に従う必要がないため非常に高額なレバレッジをかけることができ、日本の業者よりも資産を大きく増やすことが可能です。次にFXの取引にかかる税金が国内業者と海外業者で違うことが挙げられます。これが直ちにデメリットなのかというとそうではなく、例えば国内業者の場合、どんなに利益を得ていても一律20%の税金が差し引かれますが、海外の業者の場合は実際の利益に応じて3段階の税率があり、もし年間に195万円以下の利益をfxで得た場合、税金は15%となり国内業者よりも安くなるため、少額の資産をfxで運用するならば海外fxがお得になります。

口座の開設費用とその評判

通貨とグラフ

では実際に海外業者にFXの口座開設を行った場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。海外FXの口座開設費用は無料となっているところがほとんどです。そのため、口座の維持費・開設費がかからないのを利用して複数社の海外fx業者の口座を同時期に開設・運用して自分に合った業者を選んでいる人も多くいます。海外FXはもし、大損しても投資した金額以上のお金を失うことがないため初心者に扱いやすいといわれています。なぜなら、海外FX業者は市場の大きな急変によってトレーダーが証拠金がマイナスになって借金を背負うような状態になった場合、それらすべてを業者が負担してくれるためです。このようなシステムは国内の業者では導入されていないところが多く、投資金以上のリスクを背負いたくないのであれば海外FX業者を選ぶべきだとの評判がもっぱらです。また、海外の業者は日本の業者よりも取引の透明性が高いという意見もあります。国内業者は店頭取引と呼ばれる取引方法が一般的で、この取引方法はトレーダーと業者の利益相反構造になっています。そのため業者側が意図的にレートをずらしたり、システムダウンを起こすことでトレーダーに損をさせようとする可能性があります。一方、海外の業者は取引所取引という、実際にトレーダーの注文通りにトレードが行われる取引方法を採用しています。これはトレーダーの取引が増えれば増えるほどもうかるという仕組みになっているため、業者側が意図的なレートずらしやシステムダウンを起こすことが考えられず、結果として取引透明性を担保しているからです。

広告募集中